ホーム

主食を白米から玄米へ|ダイエット効果あり


最近、主食であるお米を白米から玄米に変更し、
食べ続けている人が増えています。
これは、玄米が未精製の穀物だから体に良いとされているためです。


約90パーセントがデンプンである穀物は、
人間が生きていくにあたって、必要なエネルギーの1つです。
これが体内に入り、ブドウ糖(炭水化物)へと変わっていくのです。


近年、長寿食と言われているマクロビオティックが、
流行っておりますが、このマクロビオティックでも、
主食にするように言われているのが「炭水化物」です。


また、調べてビックリしてしまったのが、
日本の厚生労働省においても、炭水化物の摂取基準量が、
定められていると言うことです。
それだけ重要なものだと言うことですね。


厚生労働省では、約50~70%くらいを目安に、
マクロビオティックでは、約60%以上を目安に、
炭水化物を摂取すると良いといわれています。


炭水化物と言うと、どうしても太るというイメージが付き物です。
しかし、玄米はちょっと違います。その秘密は、
玄米にある胚芽と呼ばれる部分にあります。


胚芽には、ビタミンB1がたくさん含まれています。
このビタミンB1のはたらきによって、ブドウ糖が、
体の中でエネルギーに代謝するという仕組みになっています。


対する白米にはこの胚芽はありませんので、
違う食品からビタミンB1を摂取しなければ、
ブドウ糖を代謝することが出来ません。


また、白米にはない多くの繊維とミネラルも、
豊富に含まれていますので、健康面にて玄米を主食にすることは、
理にかなっているのです。


ブドウ糖は、その名前の通り「糖分」ですから、
これを代謝してくれる点なども考えると、
バランス良く栄養の取れる玄米は、万能だといえます。


健康の面から見ても、ダイエットの面から見ても、
白米を主食にしているのは、勿体無いと思いませんか?
健康的な食生活を考える第一歩として、
主食を白米から玄米に変更してみませんか?


簡単に出来るマクロビオティック

Return to page top